ヨクイニンってどんな成分?

わらびはだにも国産天然素材として配合されている「ヨクイニン」。



ちょっと変わった名前ですが、ハトムギ茶の原料であるハトムギの殻を剥いて取り出した種子から抽出される、意外と身近な成分なんです。

また、漢方薬などにも使用されている歴史ある生薬でもあります。


ヨクイニンは古くからイボケアに効果があると言われてきた美容成分で、内服用のサプリメントや化粧品の配合成分として取り入れられています。

イボ治療の漢方薬として、皮膚科でヨクイニンを処方されることもあります。


ヨクイニンは首イボや顔イボに効果があるのでしょうか?

また、ヨクイニンでイボを治そうとする場合、漢方薬やサプリメントとして服用するのと、ヨクイニンが配合されたクリームなどを塗布するのと、どちらのほうがより効果的なのでしょうか?


このページでは、そんな気になるヨクイニンとイボ効果についてご紹介します。

ヨクイニンの効果

ヨクイニンは、サプリメントとして服用する場合とクリームやジェルなどの化粧品として肌に直接塗布する場合とで、期待できる効果が異なります。

ヨクイニンを飲む:免疫細胞を活性化させる


ヨクイニンをサプリメントや漢方薬として内服すると、ウィルス性イボの改善・予防効果が期待できます。

ウィルス性イボは、ヒトパピローマウィルス(HPV)などのウィルスに感染して発生するイボで、手指にできやすい尋常性疣贅や顔にできやすい青年性扁平疣贅などがあります。

ウィルス性イボはウィルスが移動することでうつっていくので、つい引っ掻いてイボに傷をつけたり傷のある手指で触ってしまったりすると、そこからウィルスが新たに皮膚の中に入り込み、いつの間にか数が増えていることもある厄介なイボです。


ヨクイニンには抗腫瘍作用抗炎症作用免疫賦活作用(免疫細胞を活性化させる作用)があるので、薬として摂取することによって体内の免疫力を上げてウィルスを撃退し、イボを改善・予防してくれるのです。

この場合、ヨクイニンは体内の免疫細胞に働きかけてウィルスを攻撃させ、体の内側からイボを除去するサポートをします。ですので、ウィルスと関係のない老人性イボや摩擦が原因でできたイボには、ヨクイニンの免疫賦活作用の効果は期待できません。

老人性イボは加齢や紫外線による肌の老化やターンオーバーの乱れ、摩擦刺激による皮膚の角質化などが原因でできるものなので、免疫力の低下は直接的には関係がないからです。

ただし、ヨクイニンにはアミノ酸で形成されるタンパク質やビタミン、脂質、糖質、カルシウム、鉄分などがバランスよく含まれており、体の新陳代謝を活発にする働きがあります。

特に、タンパク質は白米の2倍以上も含まれていると言われていますが、タンパク質は健康な皮膚の再生には欠かせない栄養素です。

老人性イボを解消するには、加齢やストレスなどが原因で乱れた肌のターンオーバーを正常化させ、新しい肌細胞の生成を促さなければなりません。ヨクイニンが持つ豊富な栄養素はそのサポートに有効だと言えるでしょう。

ヨクイニンを塗る:優れた保湿効果を発揮


ヨクイニンが配合されている化粧品は、化粧水や美容液、保湿クリームなど、様々な種類があります。

ヨクイニンではなく、ハトムギやハトムギエキスという名前で表記されている場合もあります。


化粧品として配合される場合のヨクイニンには、主に保湿効果消炎効果を期待できます。



イボケアにとって保湿は非常に大切な要素です。肌が乾燥していると、外部からの刺激を受けやすくなり、皮膚表面の角質化やターンオーバーの乱れなど、イボが悪化しやすい状態になってしまいます。

ヨクイニンは、肌のみずみずしさを保つ天然保湿因子(NMF)を補う働きがあり、優れた保湿効果を示します。肌の状態を整えることで肌荒れや炎症を抑えるため、ニキビやポツポツ改善を目的とした化粧品に多く配合されています。


また、ヨクイニンには「コイクセラノイド」と呼ばれる成分が含まれています。

コイクセラノイドには肌の角質代謝を高める作用があると言われており、古くなった角質を体外へ排出するサポートをしてくれるため、老人性イボの解消への効果が期待されています。

イボケアにオススメのヨクイニンサプリは?

ヨクイニンを効率的に摂取したいなら、外側からだけでなく、内側からもサプリとして取り入れるのがオススメです。



ヨクイニンは、イボ治療用の漢方薬として病院で処方されるほど由緒ある生薬でもあります。

病院でヨクイニン剤を出してもらうには、医師の診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。

ですが、「病院に通う時間がない」「まずは美容サプリ感覚で試してみたい」という方もいらっしゃいますよね?

ヨクイニン剤(ヨクイニンサプリ)は、街の薬局やドラッグストアにも市販されています。Amazon(アマゾン)や楽天などの大手ネット通販サイトでも販売されているので、誰でも簡単に入手できます。

病院で処方されるヨクイニン剤にも、市販のヨクイニン剤にも、それほど大きな違いはありません。

市販のヨクイニンサプリは、様々なメーカーから様々な種類のものが販売されています。

ここでは、その中でも特にオススメのヨクイニンサプリをご紹介していきます。

ヨクイニンサプリを実際に飲用している人たちの口コミ評価も掲載していますので、ヨクイニンサプリを試してみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

クラシエ ヨクイニンタブレット


ヨクイニンサプリといえば、クラシエのヨクイニンタブレットシリーズが有名です。

クラシエのヨクイニンタブレットには、7日分(126錠)入りのお試しパックと、1か月分(504錠)入りの大容量ボトルタイプがあります。


<画像はAmazonから引用>



■126錠(7日分) 参考価格:1,296円


■504錠(1か月分) 参考価格:3,996円



クラシエのヨクイニンタブレットは第三類医薬品で、飲みやすい小粒の錠剤タイプです。1回の服用でヨクイニンエキス1,500rを摂取できます。

気になるイボや隠したいブツブツ(イボ)、肌荒れを「飲んで治せる」サプリとして人気です。

クラシエ ヨクイニンタブレットの詳細情報


■効能
皮膚のあれ、いぼ

■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中に、
ヨクイニンエキス…1,500mg(ヨクイニン19.5gに相当)
添加物として…アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、ステアリン酸Mg、セルロースを含有

■用法・用量
1日3回、食前または食間に、水または白湯で服用
成人(15才以上)…1回6錠
15才未満7才以上…1回4錠
7才未満4才以上…1回3錠
4才未満3才以上…1回2錠
3才未満…服用しないこと



小太郎漢方製薬 ヨクイニンS「コタロー」


ヨクイニンS「コタロー」も、クラシエのヨクイニンタブレットと同じく第三類医薬品で、飲みやすい錠剤タイプす。


<画像はAmazonから引用>



■240錠(16日分)  希望小売価格:2,200円(税抜)


■720錠(48日分)  希望小売価格:5,900円(税抜)



ヨクイニンS「コタロー」は、1日分の服用でヨクイニンエキス2.00g(2,000r)を摂取できます。

ヨクイニンS「コタロー」の詳細情報


■効能・効果
皮膚のあれ、いぼ

■成分
本剤15錠(1日分服用量)中に、
ヨクイニンエキス…2.00g(2,000r)
添加物として…カルメロースカルシウム、軽質無水ケイ酸、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物、粉末飴を含有。

■用法・用量
食前または食間に服用してください。※食間とは食後2〜3時間を指します。
成人(15歳以上) …1回5錠を1日3回
15歳未満7歳以上…1回3錠
7歳未満5歳以上…1回2錠
5歳未満…服用しないこと



DHC はとむぎエキス(30日分)


DHCのはとむぎエキスは、医薬品ではなく健康食品(サプリメント)ですが、売上550万個を突破している大人気商品です。


<画像はAmazonから引用>



■30粒(30日分) 参考価格:600円(税抜)



DHCのはとむぎエキスは、ヨクイニンエキスを13倍濃縮して配合したサプリメントです。さらに、美肌に効果的なビタミンEもプラスしています。

値段も安価なので、初めてヨクイニンサプリを試してみるという方も手に取りやすいでしょう。

DHC はとむぎエキスの詳細情報


■原材料
はとむぎエキス末、オリーブ油、ビタミンE含有植物油/ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ

■栄養成分表示(1日服用量:1粒555mg中)
熱量3.2kcal、たんぱく質0.14g、脂質0.21g、炭水化物0.18g、食塩相当量0.001g、ビタミンE(d-α-トコフェロール10.0mg、はとむぎエキス末(13倍濃縮)170mg

■用法・容量
1日1粒、水またはぬるま湯で服用すること

ヨクイニンサプリの効果的な飲み方

ヨクイニンサプリは、ただ飲むだけでは効果が半減してしまう場合があります。ヨクイニンサプリを飲むタイミング、飲む量などを正しく守ることが大切です。



より効果的にヨクイニンを摂取するには、食後ではなく食前・食中に服用するようにしましょう。

西洋医学の世界では、薬は食後に飲むものというイメージが強いですが、漢方の世界ではその逆に、食前(空腹時)の服用を勧めています。

西洋薬剤を食後に服用するのは、胃に負担をかけないためです。ですが、漢方薬の場合は、空腹時に服用することで薬効成分の吸収率を高めると、より効果的な作用が期待できるのです。

ですので、ヨクイニンも、食前(食事の30分前)または食間(食後2時間後)に服用するのがオススメです。お茶やジュースではなく、水またはぬるま湯で飲むと、身体がより薬を吸収しやすくなります。


また、ヨクイニンは一日のうちに多く摂れば摂るほどよいわけではありません。

ヨクイニンは生薬ですので、多く飲めばその分早く効果が現れるというものでもありません。ある程度の期間、安定的に飲み続けることが重要です。

ヨクイニンは植物由来の身体に優しい成分のため、重篤な副作用が起きる可能性は低いですが、多量に摂取しすぎると下痢や身体の冷えの原因になることもあります。商品のパッケージや説明書に記載されている用法・用量を必ず守って服用してください。

ヨクイニンに副作用はあるの?

ヨクイニンはたんぱく質やカルシウム、鉄分、ビタミンB群、糖質などの栄養素がバランスよく含んでおり、美容効果の高い素晴らしい成分です。

また、ヨクイニンはハトムギの種子から抽出されるエキスを使用している植物由来の成分のため、漢方として内服しても化粧品として皮膚に塗っても副作用のリスクが低く、安全性の高い成分であると言えます。

ただし、ごくまれに蕁麻疹や下痢、胃の不快感などの症状が生じるケースも報告されていますので、「ヨクイニンを飲んだ後に気分が悪くなった」などの場合は、服用を中止してください。体の不調が続くようであれば、医師の診察を受けるようにしましょう。

また、以下の項目に該当する方は、ヨクイニンの服用に注意が必要です。事前に医師に報告・相談するようにしてください。

妊娠中・授乳中の女性


妊娠中や出産前後にイボができた・増えたという女性は多いですが、妊娠中・授乳中の女性はヨクイニンの摂取を控えたほうがよいとされています。

理由としては、

・ヨクイニンには利尿作用があるため、体を冷やす要因になる
・ヨクイニンを多量に摂取すると子宮の収縮を促す可能性があり、不正出血や流産の原因になる

など、複数挙げられています。

妊娠中の女性がヨクイニンやハトムギ茶を摂取したからといって、必ずしも上記のような症状が現れるというわけではないので、うっかり口にしてしまったからといって過剰に不安になる必要はありませんが、漢方の世界では「妊婦にヨクイニンは厳禁」が通説のようです。

医師の治療を受けている方(薬を服用している方)


何らかの疾病のために医師の治療を受けている方、ヨクイニン以外に常用している薬がある方などは、飲み合わせなどの問題もありますので、事前に医師に相談するようにしてください。

アレルギーをお持ちの方


特に、イネ科の植物にアレルギーをお持ちの方は、ヨクイニンの摂取を控えたほうが良いと言われています。

わらびはだはヨクイニン配合のポツポツケアジェル

わらびはだには、ヨクイニンの他にも、ノーベル賞受賞歴もある美容成分「EGF」馬プラセンタ、アンチエイジングケアに欠かせないコエンザイムQ10ヒアルロン酸など、優れた保湿効果・美容効果を持つ成分がふんだんに配合されています。



加齢や紫外線・摩擦刺激などで傷ついた肌のターンオーバーを正常化し、角質の代謝を高めることで、効果的な首イボ・ポツポツ対策を始められるオールインワンジェルとなっています。

>>わらびはだの口コミと効果を見る