EGFってどんな成分?

わらびはだは肌のポツポツやざらつきケアに効果大と口コミで話題のオールインワンジェルです。



わらびはだには、美容効果の高いアンチエイジング化粧品におなじみのヒアルロン酸馬プラセンタコエンザイムQ10などだけでなく、アロエベラエキスシークヮーサーエキスヘチマエキスなど、沖縄生まれのブランドならではの天然成分がたっぷりと含まれています。


そんなわらびはだに配合されているもうひとつの注目成分が「EGF(上皮成長因子)」と呼ばれる美容成分です。

医療用成分としてノーベル賞を受賞した実績もあるというEGFとは、一体どんな成分なのでしょうか?


このページでは、EGFの歴史や作用、化粧品に配合された場合に期待できる効果についてまとめています。

>>わらびはだの詳細はコチラから

EGFの歴史

EGFという名前は「Epidermal Growth Factor」の略称です。

「ヒトオリゴペプチド-1」という別名もあります。


EGFは53個のアミノ酸の結合体で、細胞を再生させる作用を持った機能性ペプチド(タンパク質)です。

皮膚や骨、筋肉などを構成する細胞の成長や代謝を促す効果があるため、医療分野でも重宝されている成分です。「上皮成長因子」「上皮細胞増殖因子」「細胞再生因子」などとも呼ばれています。


EGFを発見したのはアメリカのスタンリー・コーエン博士です。スタンリー博士はEGFの他にも、NGFという神経細胞の再生にかかわるタンパク質も発見しています。

両者ともに医療分野の発展に大きく寄与する発見であり、スタンリー博士はこの功績によって1986年にノーベル生理学賞・医学賞を受賞しています。

EGFの効果

EGFはもともと、医療分野で活躍していた成分でした。当初は1gあたり8,000万円もする非常に高価な成分として、肌再生医療の分野で火傷などの怪我の治療や傷の回復を早めるために使用されていました。

その後、バイオテクノロジー技術の進歩でEGFの生産が容易になると、価格も下がり、入手しやすい成分となりました。

EGFには肌の上皮の成長や修復を促す効果が期待できるため、医療分野だけではなく美容分野でも注目され始め、現在では様々な化粧品に配合されています。

FGFとの違い


EGFと似たような作用を持つ成分にFGFがありますが、こちらは皮膚の深層にある線維芽細胞に働きかけることで皮膚の代謝を高める成分です。FGFと同じく、数多くの基礎化粧品に配合されている美容成分です。

対して、EGFは肌の表面にある表皮細胞の成長や修復を促進する成分です。EGFは皮膚の上皮に働きかけることで新しい肌細胞の生成をサポートし、肌のターンオーバーを促します。

肌のターンオーバーは加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによって簡単に乱れてしまいます。肌のターンオーバーが正常化されると、古くなった角質が肌表面に留まることなく排出されるようになり、ポツポツや肌のざらつき、ニキビなどの肌トラブルの解消が期待できます

EGF配合の基礎化粧品について

EGFが化粧品に含まれる場合、記載名が変わる場合があります。パッケージの配合成分一覧に「ヒトオリゴペプチド-1」という表記があれば、それがEGFを指しています。「EGF」という名前が書かれていないからといって、配合されていないというわけではないのでご安心ください。

EGFの細胞生成促進効果は研究でも実証されており、アメリカで行われた臨床実験では、ヒトオリゴペプチド-1を含むローションを2ヶ月塗布し続けた結果、最大約8倍の新生細胞成長率を記録したというデータもあります。

化粧品に使われる際のEGFは、ヒアルロン酸などのムコ多糖類と併せて使うことでより効果を発揮するとも言われています。


>>わらびはだの口コミと効果を見る